2010年10月アーカイブ

続々登場!

| コメント(1887) | トラックバック(0)

『エッジ』のミドルシリーズです。

ややふっくらしたボリュームと面白みあふれるバランス

一番右のリングは左右の模様の入り具合が絶妙で大変気に入っております。
逆サイドからのアングル





中央のリングはセンターが斜めに傾斜しているので、指に着けた時の透かし部分の見え方がクール!

透かしも派手すぎず大人の雰囲気漂う上品なデザイン。






最後に超シンプルで美しい甲丸リング

これもオフセットがポイント。



ワックスの状態なので、解り難いかもしれませんが、(映りこみが無い分撮影は楽なのだ)
面の美しさはどれもぴか一!

自慢の作品群を早く店頭に並べられるように頑張って仕上げます!







うーむ、カッコいい・・・・・


新作のワックス

| コメント(2741) | トラックバック(0)


繊細な細工の中にも力強さを。


今作品群のテーマ「エッジ」

着け方は自由、重ねてもいいし、天地無用のおもしろバランスに!との想いからリングの一面を
シャープに面だししています。  丸い曲面を一筋の光線が引き裂くように走るのであ~る。

皮ひもを結んでチョーカーにもなるんですよ!



こちらはトライバルバージョン。

アウトラインのアンバランスさと自立する凛としたたたずまいが今までの「僕らしさ」から一つ違う「なにか」を引き出してくれたように思います。

うれしい。


オーソドックスなスタイルの中で、素直にあふれてきたデザインは、理屈抜きに力強いものがあると、僕は思います。

なんとかこうしてやろうああしてやろう、って肩肘はらず、呼吸するようにデザインできるように、今は走りこみの時期なのだ。  高所で。



もちろん今までの僕のスタイルも健在です!


最近スカルモチーフがおろそかになっているけど、今作ったらどんな風になるだろう?
楽しみでわくわくします。



話は変わりますが、呼吸って意識すると「吐く」のか「吸う」のかわけわからんくなって苦しいですよね。

気をつけましょう。


そして北海道はもう寒いので風邪にも要注意ですね。






蒼い写真

| コメント(2641) | トラックバック(0)
サンゴ!

ワックスの状態でも興奮するのは、ただ僕が変なのかと思っていましたが、意外と「ワックスを見たい」
人もいるのでは?と思い、ワックスの状態でもバンバンUPしようと思います。



こちらの大振りなリングのイメージは「殻」  まだ完成ではないですが。


カニとか海老とかの甲殻類はまじまじ見ると凄いことになっていますよね。

絵でも何でもそうですが、僕は「そのものずばり」というより、そこから何かしらディフォルメして

変形された「イメージ」としての表現が好きです。

イメージがかけ離れすぎて誰からも「?」という感想だった時は「あれ・・・」と思うときもありますが、

「これって・・・・・みたい」とかって共感してくれる人が現れるとはしゃいでしまいます。

デザインのいい悪いは好みだって思うので、べつにいいのですが、「理解されたい」っていう根本的な
欲求は表現するものとして常に頭の隅っこには置いておかないといけないのかな?とも思います。

一人も「良い」と思わないものは創りませんが、僕だけでも「良い」と思うものならば創ることに意味が
あるように思います。

創っている最中から(それもごく最初の段階で)これは!って感じるものを創っているときは
これ以上無いくらい気持ちのいい状態になります。

最近そういうプチトランス状態が続いているので、なんだかいいなぁって思いながら今日も彫ります。


へんなお薬に頼らず、このプチトランス状態を自分でコントロールできる人は「天才」なんだと思います。

「変態」とも言います。





























僕は後者より


唐草模様って奥が深すぎていまだに物に出来ません・・・・・・

トレースして作る人もいるみたいですが、それじゃぁなんか納得いかないので、ただひたすらに自分の思う「良い感じ」に彫って体で覚えるしかないのかなぁ。

掴みかけては離れていく・・・・・「女性のよう」そんな感じがしてしまいます。

歴史のある意匠だけに、一筋縄ではいかんですね。


だからというわけじゃないですが、こんなギミックいかがでしょう?

美しいジャスパーがちらりとのぞくまさに「いい女」のチラリズム。

細工はシンプルに簡単に。  でもどこかしらに「?」っていう驚きや工夫を!っといつも思っています。


こちらは「エッジ」の4作目。

こちらはシンプルなデザインのリングです。

シンプルな唐草模様はやはり
バランスが命なんで、一彫り一彫り集中して
「つじつまを合わせよう」とか小細工するとばれちゃうので、ごまかしが一切きかないのが憎らしい。


オーソドックスなものに「オリジナリティ」を持たせようとするのはめちゃくちゃしんどいです。

そもそも「オリジナリティ」ってなんだ?から入って「これだ!」って言うものを自分なりに掴むまで、結構
骨の折れる作業ではありますが、「これだ!」にめぐり合えたときの感動はタバコの値上がりさえも忘れさせてくれるのです。

今日も「これだ!」に出会えたからもう寝ます。


鼻炎が辛いので鼻にテッシュ突っ込んで寝ます。

明日も彫るぜ!イェーイ!

アトリエBURNING JOHNのブログにようこそいらっしゃいました!シルバーアクセを主に、工房で一つ一つ心を込めてハンドメイドで製作しています。各種オーダーも受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

アトリエBURNING JOHN
札幌市東区本町1条4丁目1-2
TEL 011-789-6455
FAX 011-789-6450

■■■彫金教室■■■
オリジナルシルバーアクセサリーを作ってみませんか?初めての方でも丁寧かつフレンドリーにご指導いたします。彫金に必要な道具類は無料で貸し出します。
★工房使用料 3時間 2100円(3時間以上は延長料金525円で使い放題です)
★別途材料費かかります。

カテゴリ

ウェブページ

大麻・マリファナ